ニュース・最新情報が更新されない場合、
F5キーなど更新ボタンを押してください。


●研究発表や参加などはe-mailでも受け付けています.
 メールアドレス:geosoc(アットマーク)ris.ac.jp
  なお,必要事項の記入漏れがないようご注意下さい.

            会 告

【↓2017.11.3更新】

○第40回秋季例会(東京)・第47回講演会のご案内(第2報)

以下の日程で第40回立正地理学会秋季例会、第47回講演会を開催いたします。多くの会員の皆さまの参加をお待ちしております。

1日時:2017122日(土)1330分〜17時(予定) 13時受付開始
2会場:立正大学品川キャンパス(品川区大崎4-2-16
 
11号館7(→当初5階とご案内していましたが、7階の誤りでした)1171教室
3シンポジウム:
 テーマ:求められる新しい地理の学びとは? -「地理総合」の視座と方向性
 プログラム:
 1330分〜1335分 開会挨拶:鈴木厚志(集会委員長)
 1335分〜1340分 趣旨説明:元木理寿氏(常磐大学准教授)
 1340分〜1430
  基調講演:濵野 清氏(文部科学省初等中等局教育課程課 教科調査官)        「学習指導要領改訂の動向と地理学習」
 1430分〜1440分 休憩
 1440分〜1555分 授業実践報告(各25分)
  近藤 敬氏(水城高等学校教諭)
   「地域理解を促すフィールドワーク実践
水戸市を事例として」
  神宮公平氏(鹿児島県立川内高等学校教諭)
   「アクティブラーニングの導入とその振り返り

      
授業実践からみえてきた効果と課題」
   西 克幸氏(桜美林中学高等学校教諭)
   「身近な地域で起こり得る災害から授業をつくる

      
前任校での授業実践と現任校での課題」
 1555分〜1605分 休憩
 1605分〜1650
  パネルディスカッション(基調講演者+授業実践報告者+会場参加者)
  司会:元木理寿氏(常磐大学准教授)
 17時〜1830分 懇親会(学内スエヒロ)

懇親会(秋季例会)と申込方法
1会場:6号館学生食堂 スエヒロ (品川キャンパス6号館1階)
2会費:一般会員5,000円、学生会員3,000
 懇親会は2日(土)17時~1830分の予定です。懇親会に参加を希望される方は、必ず集会委員会までお申し込みください。締め切りは1127日(月)必着とします。参加を希望する会員は、ハガキもしくは電子メールに氏名・所属・電話番号・電子メールアドレスを明記し、立正地理学会集会委員会宛にご連絡ください。送り先、メールアドレスは次の通りです。
 住所:〒360-0194 熊谷市万吉1700
  立正大学地理学教室内 立正地理学会集会委員会

 メールアドレス:geosoc(あっと)ris.ac.jp

秋季例会会場(立正大学品川キャンパス)へのアクセス
 JR「大崎駅」とJR「五反田駅」から徒歩5分、東急池上線「大崎広小路駅」から徒歩1分、東急目黒線「不動前駅」から徒歩13分です。JR「大崎駅」には山手線、湘南新宿ライン、埼京線、りんかい線が乗り入れています。品川キャンパスに来場者向けの駐車場・駐輪場はありません。公共交通機関をご利用ください。
 
http://www.ris.ac.jp/access/shinagawa/index.html

※災害等により開催が困難な場合の対応
 地震や台風またはその他のやむを得ない理由によって秋季例会等の開催が困難な場合は、立正地理学会ホームページ(http://geo.rissho-map.jp/)または立正大学地理学科ホームページ(http://rissho-map.jp/)でお知らせいたします。

2017年度(第116回)臨地研究会のご案内(第2報) ※締切を11/29水に延長
 以下の日程で第116回臨地研究会を開催いたします。多くの会員の皆さまの参加をお待ちしております。
1.日時:2017123日(日)9: 3016:30
2.集合場所:地下鉄東西線「門前仲町駅」地上1番出口 9:30集合
3.テーマ:「ちず作りの原点を歩く・探る」
4.案内者:君川静夫、戸田真夏、亀井啓一郎
5.参加費:500円(資料代・保険代)、移動交通費(地下鉄・ゆりかもめ:約1,500円)は個人清算
6.コース:富岡八幡宮→伊能忠敬居宅跡→霊岸島(旧検潮所跡)→新富町駅(地下鉄)→桜田門駅(地下鉄)→日本水準原点→霞が関駅(地下鉄)→神谷町駅(地下鉄)→八幡神社(几号水準点)→ロシア大使館前(几号水準点)→日本経緯度原点→赤羽橋駅(地下鉄)→汐留駅(地下鉄)→新橋(ゆりかもめ)→テレコムセンター駅(ゆりかもめ)→海洋情報館→テレコムセンター駅(ゆりかもめ)解散
 *昼食は各自持参。水準原点の設置されている国会前庭園で1時間、昼食休憩を含みます。
7.募集定員:30名(先着順)

※臨地研究会の申込み
 参加を希望する会員は、参加者氏名、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、所属を明記し、メールにて下記まで申し込んでください。なお、頂いた個人情報は案内者からの連絡および保険加入のために利用させて頂きます。締め切りは11月29日(水)必着とします。送り先のメールアドレスは次の通りです。締切を11/27月から延長しました
 戸田真夏宛メールアドレス:todaclass(あっと)yahoo.co.jp

※災害等により開催が困難な場合の対応
 地震や台風またはその他のやむを得ない理由によって臨地研究会の開催が困難な場合は、案内者からの連絡によってお知らせいたします。

○第48回講演会のご案内(第2報)
  以下の日程で第48回講演会を開催いたします。多くの会員の皆さまの参加をお待ちしております。
1日時:125日(火)1430分~1600
2会場:立正大学熊谷キャンパス内(当日学内に掲示します。)
3講演者:津川 康雄氏(高崎経済大学地域政策学部 教授)
4演題:地域とランドマーク(仮題)
5参加申込:不要(満席により着席できない場合もございます。あらかじめご了承ください。)


【↓2017.10.4更新】
 2017年度(第115回)臨地研究会の模様が、2017年9月27日付け日本農業新聞に掲載されました。







↑ページトップへ↑


地理学会の最新情報 (2017年11月3日更新)
       学会ニュースのバックナンバーはこちらです
       ~No.83以降の学会ニュースをpdf形式にてご覧いただけます~
Home
News
About us
Contact us
NEWS