「地域研究」
                                      indexページへ戻る

Vol.48-2/2008年3月
会長講演》
「工芸産業の地域」の産業概念.1-6
 北村 嘉行

《研究ノート》
日本の地方港における外貿コンテナ港化の展開と外貿コンテナ貨物の特徴.7-17
 山田 淳一


《書評》
日本文理大学「大分大学」講座編:『大分学・大分楽』,『大分学・大分楽U地域の
自立・自尊』,『大分学・大分学V地域再生』.18-19
 千歳 壽一


Vol.48-1/2007年11月
論説》
渋谷の地域層位.1-13
 大塚 昌利

《研究ノート》
三浦半島南部,初声低地における沖積層の対比と帯磁率
−津波堆積物の認定を目的として−.15-22
 中村 洋介・小倉 正哉・町田 尚久・執行 健司・中原 俊


Vol.47-2/2007年3月
論説》
イギリス、ストラトフォード・アポン・エイヴォンにおけるヘリテージ・ツーリズム
−観光資源としてのシェークスピアの遺産と歴史的町並み−.1-16
 片柳 勉
東京都における生産緑地地区指定の地域的特性.17-34
 石原 肇

《研究ノート》
栃木県茂木町石畑棚田における水の貯留・流下特性.35-44
 村上利之

《書評》
鈴木郁夫・赤羽孝之監修、新潟地図ウオッチング編集委員会編(2006):『新潟地図ウオッチング』.45-45
 正井泰夫
聖徳大学子どもの地図研究会編(2006):『ピーピといっしょに日本地図の絵本』、
『ピーピといっしょに世界地図の絵本』.45-47
 正井泰夫

《口絵写真》
イギリス、ストラトフォード・アポン・エイヴォンにおけるヘリテージ・ツーリズム
−観光資源としてのシェークスピアの遺産と歴史的町並み−.巻頭
 片柳 勉


Vol.47-1/2006年11月
《研究ノート》
下総台地の野菜生産地域における新品種の普及過程.1-10
 岡田 登
埼玉県秩父地域における医療資源の地域的分布の変化.11-22
 大坪浩一
さいたま市浦和区中心部における高層集合住宅の立地と住環境問題.23-37
 原 啓介

《書評》
グザヴィエ・ド・プラノール著、手塚 章・三木一彦訳(2005):『フランス文化の歴史地理学』.38-39
 正井泰夫


Vol.46-2/2006-3
《会長講演》
アメリカ合衆国カリフォルニア州インピリアルヴァレーの灌漑農業とソルトン湖の環境問題.1-6
 澤田裕之

《論説》
北陸地方東部における河成段丘面の編年・対比.7-27
 中村洋介・岡田篤正
中国自動車工業の1980年代における地域構造.28-42
 北村嘉行
埼玉県江南町における神社の祭りと住民参加.43-59
 松尾忠直・今井祥太・小原利文・菊池 航・大塚昌利

《研究ノート》
福島県田島町の県営農地開発地における耕作放棄地の拡大とその背景.60-69
 高田明典

《フォーラム》
福岡県西方沖地震による志賀島周辺の被害.70-73
 北 祐介
第6回国際地形学会参加報告−スペイン見聞録−.74−79
 瀬戸真之・小松陽介

《口絵写真》
福岡県西方沖地震による志賀島周辺の被害.巻頭1
 北 祐介
第6回国際地形学会参加報告−スペイン見聞録−.巻頭2
 瀬戸真之・小松陽介


Vol.46-1
/2005-9

《論説》
韓国における造船業の立地特性と南東圏の造船産業クラスター構築に関する考察.1-16
 禹 ●燮 (●=へんは「王」,つくりは「需」)

観光開発に対する土地利用規制条例の制定と地域的インパクト
−沖縄県恩納村を事例として−.17-37
 上江洲 薫

川崎・鶴見と尼崎の比較からみた総合工業地域社会の内部構造とその発達過程.38-65
 岩間英夫

《研究ノート》
大学地理学教育における海外巡検の意義−イギリス巡検を通じて−.66-79
 片柳 勉 ・ 高木 亨

高等学校における地理の学習実態に関する考察
−大学生へのアンケート調査をもとに−.80-87
 中牧 崇

石垣島轟川流域における赤土流出の現状.88-93
 小原利文 ・ 瀬戸真之 ・ 島津 弘

《口絵写真》
大学地理学教育における海外巡検の意義−イギリス巡検を通じて−.巻頭
 片柳 勉 ・ 高木 亨


Vol.45-2
/2005-3/ISSN 0389-6641

<研究ノート>
新潟県中越地震被害調査速報-旧広神村・旧守門村地域を中心に- p.1-9
(瀬戸真之・中村洋介・高田明典)

中国・内モンゴル自治区巴林右旗におけるモンゴル民族と漢民族の共存形態 p.10-22
(鄭 国全)

<フォーラム>
天然ダム災害と2004年新潟県中越地震 p.23-27
(島津 弘)